ネットキャッシングが便利な理由【繰り返し利用できる】

ローンを組むためには

紙幣

申し込みの準備

フラット35は、長期固定金利の住宅ローンです。金利の推移による返済額の増減がないのが利点といえます。35年間一定金利で、しかも基準を満たせば一定期間金利が下がる優遇も受けることが可能です。では、フラット35に申し込むためにはどのような準備が必要なのでしょうか。多くの場合、条件をクリアしているか否かを簡易的に調べる目的で、まず事前審査を受けます。住宅業者や銀行窓口の人と相談しながら進めていくと安心です。個人信用情報や資金計画を、あらかじめ手元に用意しておくとスムーズです。審査期間は1週間程度です。場合によっては、借入金額の見直しなどが必要になってきます。自己資金をしらべておいて、全体像を把握すると良いでしょう。そうすることで資金計画を立てやすくなり、必要となる借入金額の推測もすることができます。事前審査が通ると、本審査に移ります。こちらは住宅支援機構のチェックが入ってきます。事前審査が通っていても、本審査では通らないという場合もあるため、注意が必要です。特に気を付けるべきなのは、金利の推移を見極めることです。フラット35では、金利が固定されるため、申込時の金利推移に左右され、返済金額も推移してしまいます。事前審査と本審査を申請するタイミングをよく見極め、金利の推移に注意を向けることが重要です。中には、事前審査を省いていきなり本審査を申し込む人もいます。必要になる情報を手元に集めておいて、いつでもフラット35の審査に申請できるように、情報を整えておきましょう。